学園概要

学園概要

♦ 建学の精神

img_進取

♦ 教育理念

img_校章

本学園は次世代を担う子供たちが、自分の人生を自ら考え自ら切り拓いて行く、智恵と力を育む場の提供とサポートをいたします

大空高く飛翔する鳥の形。様々な世界で活躍する有能な人材を育て、新しい社会の創造に貢献する学園のイメージを表しています。

♦ 教育目標

向上心を持つ人間の育成

問題に立ち向かう人間の育成

コミュニケーション力のある人間の育成

♦ ディプロマポリシー

人間生活の質の向上は、時代の変転や社会の変化を越えた人類普遍の願いであり、高等教育は、各々の専門領域からこの願いの実現に寄与することを期待されている。
本学は、県内唯一の生活学科の短期大学として、保育・幼児教育の分野と栄養・栄養教育の分野で、人間性豊かで、かつ社会性の高い保育士・幼稚園教諭と栄養士・栄養教諭を育成して社会の期待に応えたいと念願している。
また、本学の学生は、将来の職業や社会的な役割において、保育、教育、健康、治療、介護等にかかわって、人のライフステージに応じた食の問題に向き合う機会が多いことが特徴である。
こうしたことから学生は、専門分野の学修の一方で、本学の念願のもと、人間生活の根源である食について専攻を越えた生活学科共通の課題として学ぶ。そして、将来の職務上でかかわる人々を、安全な食と健康な食生活に関心を持って暮らすようにリードするための知見や方法を修得し、その成果を卒業研究として結実させることとしている。
本学は、この卒業研究の評価にもとづいて短期大学士の学位を授与する方針である。

♦ カリキュラムポリシー

こども学専攻

こども学専攻は、保育・幼児教育にかかわる専門教育の課程として、保育士と幼稚園教諭の二資格を取得するために、専門教育と教養教育が多角的に連携するカリキュラムを編成しています。
専門教育にあっては、講義を通して保育と幼児教育の理論を基礎から学び、演習によって保育園実習や幼稚園教育実習に向けた基礎的な技能を修得して職業能力の獲得につなげます。このような学修によって学生を知識と実践力を兼ね備え、使命感や責任感に満ちた保育者・幼児教育者に育てます。教養教育は、学生が豊かな人間性と生きる力や問題解決力、社会的活動力やコミュニケーション力などの人間的諸力を養うために、学生自身の意思で科目を選択する学修体系としています。

栄養専攻

栄養専攻は、現代の栄養・栄養教育と食育にかかわる専門教育の課程で、栄養士と栄養教諭の二資格を取得することを教育の中心においています。そのために栄養専攻は、専門教育と教養教育を多角的に連携するカリキュラムを編成して、学生が授業を通じて向上的に変化し、自発的かつ主体的に知識や実践力を身につけ、学外実習でそれらを生かし、職業能力の向上につながる実習になるように教育します。
専門教育においては、講義によって栄養と食育に関する理論の基礎を修得し、演習と実習・実験で栄養士・栄養教諭に求められる実際的な技術・技能を学びます。教養教育では学生の選択範囲を広げ、栄養指導や食育に携わる者としての人間理解を深め、状況把握力や問題解決力、コミュニケーション力、プレゼンテーション力、社会的活動力などを学生が自ら高めることができる体系としています。

♦ アドミッションポリシー(入学者受入方針)

こども学専攻

保育分野の専門教育や教職科目、学外での各種実習を通じて、保育、幼児教育の現場で活躍できる基礎、基本となる学力、知識、実践力の修得。特に、生活学科での保育者養成の特長として、食育実践力のある保育者、幼児教育者を育成。また、生涯にわたって学び続ける姿勢の獲得といった向上のために、以下のように求める学生像と入学者選抜の基本方針を示します。

本学の求める学生像

幼児への保育や教育、障害のある方への支援、福祉の分野に強い関心を持ち、二年間で保育士・幼稚園教諭免許の資格取得を目指す人。

保育士、幼児教育者として、将来職務上でかかわる子どもや利用者の方々を、安全な食と健康な食生活に関心を持って暮らすようにリードできる力を身につけたいと考えている人。

保育、幼児教育を学ぶための基礎学力を身に付けている人。また、保育の専門科目を学ぶ資質として、豊かな感性を持ち、それを伝えるための表現力としての音楽、美術、体育、国語表現の基礎的な力を有している人。

将来、子どもとの質の高いコミュニケーションを実現する基礎として、自己の価値観にとらわれず多様な価値観を受け入れ柔軟な思考でコミュニケーションを考えることのできる人。

栄養専攻

栄養の専門教育や教職科目、学内外での各種実習を通じて、将来にわたって栄養士として現場で活躍できる基礎、基本となる学力、知識、実践力の修得。特に食育では、子どもから成人、高齢者に至るまで、ライフステージに応じた間断のない食育指導のできる状況把握力や問題解決力、コミュニケーション力、プレゼンテーション力、社会的活動力を学生が自ら高めるといった向上のために、以下のように求める学生像と入学者選抜の基本方針を示します。

本学の求める学生像

多様化する社会における食生活と栄養の関わりに関心を持ち、専門的な知識・技術・実践力を身に付け、栄養士免許の取得を目指す人。

食育の専門家として栄養教諭免許を取得し、将来職務上でかかわる人々を、安全な食と健康な食生活に関心を持って暮らすようにリードできる力を身につけたいと考えている人。

栄養学をはじめとした専門科目を学ぶための基礎として、生物や化学、数学の基礎学力を身に付けている人。

食育や栄養指導にあたっては、対象者の方と質の高いコミュニケーションを実現する基礎として、自己の価値観にとらわれず多様な価値観を受け入れ柔軟な思考でコミュニケーションを考えることのできる人。

♦ 沿革

1933年 平方学園創立(市内萱町)
1956年 明和生活学院開校(市内国領町)
1965年 明和女子短期大学開学
1994年 明和女子短期大学 学寮「たちばな」新設
1999年 明和学園短期大学と校名を変更し男女共学に
2007年 明和学園短期大学・生活学科・こども学専攻 新設

♦ 関連学校

img_ph明和県央高校

明和県央高等学校

img_ph明和幼稚園

明和幼稚園

ページトップ