学校案内

HOME学校案内学校長挨拶

学校長挨拶

目指す教育は「学習者の行動変化」

明和県央高等学校 校長 中島 高久

 1983年4月に開校した本校は、2018年3月末、創設35年の歴史を刻むとともに、卒業生数1万人を超えることができました。関係者の皆様に対しまして、日ごろのご理解・ご支援に改めて感謝申し上げます。
 昨年度は多くの部活動が躍進し、運動部も文化部もそれぞれが関東大会・全国大会で活躍してくれました。また、アメリカ合衆国のカルフォルニア大学ロサンゼルス校(UCLA)キャンパスで学習する海外研修、本学園の三校(明和学園短期大学・明和県央高等学校・幼保連携型認定こども園明和幼稚園)連携による進路学習会、地域の病院と連携したオープンホスピタルなど、教室という空間から離れて実施する体験型行事にも、多くの生徒が主体的に参加してくれました。
 本校は、学園の教育実践課題である「学習者の行動変化」に向け、生徒・保護者の皆様・教職員が一体となって日々の教育活動に取り組んでいます。
 本校では、生徒諸君が自ら自尊心を育て、「勇気をもって今の自分を超えて行く」ためのサポートを、責任を持って実現いたします。