入試案内

出願に際しては必ず令和3年度学生募集要項をご確認ください。

学科募集定員 » 生活学科100名(こども学専攻50名・栄養専攻50名)

総合型選抜

実施期 定員
前期 こども学5名/栄養5名
後期

※1 定員は、前期、後期の合計です

学校推薦型選抜・自己推薦型選抜

実施期 推薦型選抜の種類 定員
一期 特待生A方式 こども学5名/栄養5名
指定校、公募、専門校、市内、科学・芸術、自己 こども学25名/栄養25名
二期 指定校、公募、専門校、市内、科学・芸術、自己 各期の合計 若干名
三・四・五期 指定校、公募、自己

※2 上記表中の定員は、指定校、公募等の各種学校推薦型と自己推薦型の合計です

一般型選抜・特待生B方式

実施期 定員 備考
三期 こども学5名/栄養5名 各期に実施される一般型選抜の定員の合計
とし、特待生B方式も含む数とする
四期 こども学5名/栄養5名
五期 若干名

特別選抜

実施期 特別入学試験の種類 定員
一・二・三・四・五期 社会人特別入学試験 各期の合計 若干名
一期 留学生特別入学試験 若干名

入学者選抜試験実施日程

総合型選抜

面談・合格発表等日程
前期 出願期間 面談日 一次選考通知日
令和2年9月15日(火)~9月23日(水) 9月27日(日) 10月2日(金)
一次選考通過者のみ課題提出期間 合格発表 入学手続締切日
10月5日(月)~10月16日(金) 11月1日(日) 11月20日(金)
後期 出願期間 面談日 一次選考通知日
10月1日(木)~10月15日(木) 10月17日(土) 10月23日(金)
一次選考通過者のみ課題提出期間 合格発表 入学手続締切日
10月26日(月)~11月6日(金) 11月13日(金) 12月4日(金)

学校推薦型選抜・自己推薦型選抜・一般型選抜・特別選抜の日程

出願期間 試験日 合格発表 入学手続締切日
一期 令和2年11月1日(日)
~11月4日(水)
11月7日(土) 12月1日(火) 12月18日(金)※1
二期 12月 1日(火)
~12月11日(金)
12月19日(土) 12月25日(金) 令和3年
1月22日(金)※1
三期 令和3年1月12日(火)
~1月22日(金)
令和3年
1月31日(日)
令和3年
2月5日(金)
令和3年
2月26日(金)※1
四期 2月 1日(月)
~2月12日(金)
2月20日(土) 2月26日(金) 3月15日(月)
五期 2月15日(月)
~3月16日(火)
3月23日(火) 3月25日(木) 3月29日(月)

※1 一期~三期の公募推薦入学試験の合格者の入学手続締切日は、令和3年3月15日(月)までとする

入試資料請求はこちら »

♦ 入学者選抜試験説明

入学者選抜の基本方針に示した合否判定方法とあわせて、確認してください。

総合型選抜

■出願資格

①高等学校または中等教育学校を卒業した者、および令和2年度卒業見込みの者
②通常の課程による12年以上の学校教育を修了した者
③学校教育法施行規則第150条の規定により、高等学校を卒業した者と同等以上の学力があると認められる者
④上記いずれかに該当する者で、本学のアドミッションポリシーを理解し、本学で学ぶ意欲と情熱があり、合格した場合、本学への入学を確約できる者

■出願書類等

●入学願書及び受験票(入学願書・受験票に写真各1枚貼付) ●調査書(出身学校が作成したもの) ●志望理由書
●活動報告書 ●学修計画書 ●資格・実績を証明する書類※ ●受験票返信用封筒(所定の速達料金分の切手を貼付のこと)
●入学検定料 30,000円(振込用紙によって最寄りの金融機関から本学の指定口座に振り込んでください)
※「資格・実績を証明する書類」は、入学者選抜に必要があると思われるものについて出願者の判断で提出する。

■選抜方法と配点

総合型選抜の入学者選抜日程に従い出願し、面談を受験した者に、一次選考の結果を通知する。
一次選考通過者にのみ課題を課し、所定の期間に課題を提出した者に合否判定を行う。
調査書20点、面談20点、口頭試問10点、学修計画書10点、活動報告書10点、課題30点

■その他

エントリー・出願許可は、実施しません。願書受付期間中に願書・調査書等の必要書類の提出と検定料の払い込み後、面談を受験する形式となっています。ついては、総合型選抜の趣旨を鑑み、出願前のオープンキャンパスへの参加等により、本学や専攻分野への理解を深めることが望ましい。

学校推薦型選抜

(1)指定校推薦(一・二・三・四・五期)

■出願資格 ①~③をすべて満たす者

①本学指定の高等学校または中等教育学校を令和2年度卒業見込みの者
②本学指定の学校へ通知された成績条件等を満たし、出身学校長から推薦された者
③本学のアドミッションポリシーを理解し、本学で学ぶ意欲と情熱があり、合格した場合、本学への入学を確約できる者

■出願書類等

●入学願書及び受験票(入学願書・受験票に写真各1枚貼付) ●調査書(出身学校が作成したもの) ●志望理由書
●推薦書 ●活動報告書 ●学修計画書 ●資格・実績を証明する書類※ ●受験票返信用封筒(所定の速達料金分の切手を貼付のこと)
●入学検定料 30,000円(振込用紙によって最寄りの金融機関から本学の指定口座に振り込んでください)
※「資格・実績を証明する書類」は、入学者選抜に必要があると思われるものについて出願者の判断で提出する。

■選抜方法と配点

調査書40点、面接30点、基礎学力確認のための口頭試問10点、活動報告書10点、学修計画書10点

(2)専門高校出身者推薦(一・二期)

■出願資格 ①~③をすべて満たす者

①高等学校の農業、工業、商業、水産、家庭、看護、情報、福祉の職業に関する専門学科を令和2年度卒業見込みの者
②高等学校での履修科目全体の評定平均が3.0以上であり、出身学校長から推薦された者
③本学のアドミッションポリシーを理解し、本学で学ぶ意欲と情熱があり、合格した場合、本学への入学を確約できる者

■出願書類等

●入学願書及び受験票(入学願書・受験票に写真各1枚貼付) ●調査書(出身学校が作成したもの) ●志望理由書
●推薦書 ●活動報告書 ●学修計画書 ●資格・実績を証明する書類※ ●受験票返信用封筒(所定の速達料金分の切手を貼付のこと)
●入学検定料 30,000円(振込用紙によって最寄りの金融機関から本学の指定口座に振り込んでください)
※「資格・実績を証明する書類」は、入学者選抜に必要があると思われるものについて出願者の判断で提出する。

■選抜方法と配点

調査書40点、面接30点、基礎学力確認のための口頭試問10点、活動報告書10点、学修計画書10点

(3)前橋市内高等学校在学者・同市内在住者推薦(一・二期)

■出願資格 ①~③をすべて満たす者

①出願時において前橋市内在住で高等学校、中等教育学校を令和2年度卒業見込みの者、または前橋市内の高等学校を令和2年度卒業見込みの者
②高等学校または中等教育学校後期課程での履修科目全体の評定平均が3.0以上であり、出身学校長から推薦された者
③本学のアドミッションポリシーを理解し、卒業後地域での福祉、教育、健康に貢献する意思のある者で、合格した場合、本学への入学を確約できる者

■出願書類等

●入学願書及び受験票(入学願書・受験票に写真各1枚貼付) ●調査書(出身学校が作成したもの) ●志望理由書
●推薦書 ●活動報告書 ●学修計画書 ●資格・実績を証明する書類※ ●受験票返信用封筒(所定の速達料金分の切手を貼付のこと)
●入学検定料 30,000円(振込用紙によって最寄りの金融機関から本学の指定口座に振り込んでください)
※「資格・実績を証明する書類」は、入学者選抜に必要があると思われるものについて出願者の判断で提出する。

■選抜方法と配点

調査書40点、面接30点、基礎学力確認のための口頭試問10点、活動報告書10点、学修計画書10点

(4)科学・芸術分野推薦(一・二期)

■出願資格 ①~③をすべて満たす者

①高等学校または中等教育学校を令和2年度卒業見込みの者で、履修科目全体の評定平均が3.0以上であり、出身学校長から推薦された者
②高等学校または中等教育学校後期課程で理科に関する科目を10単位以上履修し、理科の分野での活動実績のある者、または芸術に関する科目を4単位以上履修し、芸術の分野で活動実績のある者
③本学のアドミッションポリシーを理解し、本学で学ぶ意欲と情熱があり、合格した場合、本学への入学を確約できる者

■出願書類等

●入学願書及び受験票(入学願書・受験票に写真各1枚貼付) ●調査書(出身学校が作成したもの)
●志望理由書(理科または芸術での活動についての実績を具体的に記載すること) ●推薦書 ●活動報告書
●学修計画書 ●資格・実績を証明する書類※ ●受験票返信用封筒(所定の速達料金分の切手を貼付のこと)
●入学検定料 30,000円(振込用紙によって最寄りの金融機関から本学の指定口座に振り込んでください)
※「資格・実績を証明する書類」は、入学者選抜に必要があると思われるものについて出願者の判断で提出する。

■選抜方法と配点

調査書40点、面接30点、基礎学力確認のための口頭試問10点、活動報告書10点、学修計画書10点

(5)公募推薦(一・二・三・四・五期)

■出願資格 ①~③をすべて満たす者

①高等学校または中等教育学校を令和元年度に卒業した者、および令和2年度卒業見込みの者
②高等学校または中等教育学校後期課程の履修科目全体の評定平均が2.8以上であり、出身学校長から推薦された者
③本学のアドミッションポリシーを理解し、本学で学ぶ意欲と情熱のある者

■出願書類等

●入学願書及び受験票(入学願書・受験票に写真各1枚貼付) ●調査書(出身学校が作成したもの) ●志望理由書
●推薦書 ●活動報告書 ●学修計画書 ●資格・実績を証明する書類※ ●受験票返信用封筒(所定の速達料金分の切手を貼付のこと)
●入学検定料 30,000円(振込用紙によって最寄りの金融機関から本学の指定口座に振り込んでください)
※「資格・実績を証明する書類」は、入学者選抜に必要があると思われるものについて出願者の判断で提出する。

■選抜方法と配点

調査書40点、面接30点、基礎学力確認のための口頭試問10点、活動報告書10点、学修計画書10点

自己推薦型選抜
(一・二・三・四・五期)

■出願資格 ①~③をすべて満たす者

①高等学校または中等教育学校を令和元年度に卒業した者、および令和2年度卒業見込みの者
②出身学校在学中に生徒会、文化、芸術、スポーツ、ボランティア等の活動に取り組み、その取り組みや成果を自己推薦書に記載のできる者
③本学のアドミッションポリシーを理解し、本学で学ぶ意欲と情熱があり、合格した場合、本学への入学を確約できる者

■出願書類等

●入学願書及び受験票(入学願書・受験票に写真各1枚貼付) ●調査書(出身学校が作成したもの) ●志望理由書
●自己推薦書 ●活動報告書 ●学修計画書 ●資格・実績を証明する書類※ ●受験票返信用封筒(所定の速達料金分の切手を貼付のこと)
●入学検定料 30,000円(振込用紙によって最寄りの金融機関から本学の指定口座に振り込んでください)
※「資格・実績を証明する書類」は、入学者選抜に必要があると思われるものについて出願者の判断で提出する。

■選抜方法と配点

調査書40点、面接30点、活動報告書10点、学修計画書10点、基礎学力確認のための口頭試問10点、志望理由書、自己推薦書は点数化しないが、面接の資料として活用する。

特待生A方式(一期)

■出願資格

●学校推薦型選抜試験の(1)指定校推薦~(5)公募推薦、自己推薦のいずれかの出願資格に該当する者
※ただし、公募推薦の出願資格で出願、受験した者は、特待生A方式での合格(授業料減免該当)の際には、令和2年12月18日(金)までに入学手続をし、入学の確約を前提とする。

■出願書類等

●学校推薦型選抜試験の(1)指定校推薦~(5)公募推薦、自己推薦のうち、志願者が選択した推薦方法の出願書類を提出する。
●入学検定料 30,000円(振込用紙によって最寄りの金融機関から本学の指定口座に振り込んでください)

■選抜方法と配点

調査書40点、面接30点、基礎学力確認のための口頭試問10点、活動報告書10点、学修計画書10点、基礎学力検査(時間:80分、国語総合、英語Ⅰ、数学Ⅰ・数学Aまたは化学基礎の三教科の基礎学力を問う問題50点、小論文(600字)50点、志望理由書は参考とする。なお、小論文は教科・科目横断型の総合問題を出題する。

■備考

特待生A方式の授業料減免額は、学費・奨学金ページに示された額とする。また、「授業料減免該当なし」の合格の場合もある。「授業料減免該当なし」の合格者は、出願時に記載した推薦入学試験の種類に応じて入学手続をとること。
公募推薦の出願資格で受験した者で授業料減免に該当しない合格の場合、入学手続は令和3年3月15日(月)までとし、他学の併願を認める。

一般型選抜・特待生B方式
(三・四・五期)

■出願資格 次のいずれかに該当する者

①高等学校または中等教育学校を令和2年度卒業見込みの者
②通常の課程による12年の教育を修了した者、または修了見込みの者
③学校教育法施行規則第150条の規定により、高等学校を卒業した者と同等以上の学力があると認められる者、または令和3年3月31日までにこれに該当する見込みの者

■出願書類等

●入学願書及び受験票(入学願書・受験票に写真各1枚貼付) ●調査書(出身学校が作成したもの)
●志望理由書 ●活動報告書 ●資格・実績を証明する書類※ ●受験票返信用封筒(所定の速達料金分の切手を貼付のこと)
●入学検定料 30,000円(振込用紙によって最寄りの金融機関から本学の指定口座に振り込んでください)
※「資格・実績を証明する書類」は、入学者選抜に必要があると思われるものについて出願者の判断で提出する。また、「教科型」、「小論文型」の選択は願書に記載する。

■選抜方法と配点

●二教科型(三期)

国語(60分、配点100点)、英語(60分、配点100点)の合計200点、志望理由書、活動報告書も合否の判定に用いる。

●一教科型(四期)

国語または英語(60分、配点100点)、資格・実績への加点、志望理由書、活動報告書も合否の判定に用いる。

教科型試験の出題範囲

教科等 出題科目、実施方法等 選択方法、配点等
三期 二教科型 四期 一教科型
国 語 国語総合と国語表現、現代文A・Bを合せた内容から国語として記述式問題を出題する。ただし、古典分野を除く。 左記
2教科を実施
配点:200点
左記教科より
1教科選択
配点:100点
英 語 コミュニケーション英語基礎、コミュニケーション英語Ⅰを合せた内容から「英語」として記述式問題を出題する。ただし、リスニング試験は実施しない。

●小論文型(三・四・五期)

小論文(60分)100点、面接30点、活動報告書20点、志望理由書も合否の判定に用いる。
小論文型試験の出題と実施方法等

小論文は、教科・科目横断型の総合問題を出題する。

備考

特待生B方式の授業料減免額は、学費・奨学金ページに示された額とする。また、「授業料減免該当なし」の合格の場合もある。

特別入学者選抜

(1)社会人特別選抜(一・二・三・四・五期)

■出願資格 次のいずれかに該当する者

①令和3年3月31日現在、22歳以上の者
②次のいずれかに該当する者

ア 高等学校または中等教育学校を卒業した者
イ 通常の課程による12年の教育を修了した者
ウ 学校教育法施行規則第150条の規定により、高等学校を卒業した者と同等以上の学力があると認められる者

③本学のアドミッションポリシーを理解し、本学で学ぶ意欲と情熱があり、合格した場合、本学への入学を確約できる者

■出願書類等

●入学願書及び受験票(入学願書・受験票に写真各1枚貼付) ●卒業証明書(出身学校が作成したもの) ●志望理由書
●学修計画書 ●資格・実績を証明する書類※ ●受験票返信用封筒(所定の速達料金分の切手を貼付のこと)
●入学検定料 30,000円(振込用紙によって最寄りの金融機関から本学の指定口座に振り込んでください)
※「資格・実績を証明する書類」は、入学者選抜に必要があると思われるものについて出願者の判断で提出する。

■選抜方法と配点

面接50点、基礎学力確認のための口頭試問20点、志望理由書10点、学修計画書20点

(2)留学生特別選抜(一期)

■出願資格

外国籍を有し、次の条件に該当する者
①2003年4月1日以前に生まれた者で、外国において12年以上の学校教育課程を修了した者、またはこれに準ずると認められた者
②入学後、本学での学修・研究に足る日本語の能力を有すること。
(その他)出願時に書類の確認を行いますので、必ず窓口まで本人が出願書類を持参してください。

■出願書類等

●入学願書及び受験票(入学願書・受験票に写真各1枚貼付) ●卒業証明書※(出身学校が作成したもの)
●成績証明書※ ●志望理由書 ●学修計画書 ●資格・実績を証明する書類※
●受験票返信用封筒(所定の速達料金分の切手を貼付のこと) ●外国人登録証の写し ●パスポートの写し
●入学検定料 30,000円(振込用紙によって最寄りの金融機関から本学の指定口座に振り込んでください)
※「卒業証明書」、「成績証明書」は、母国での最終学歴のものとし、日本語対訳であることが望ましい。
また、「資格・実績を証明する書類」は、入学者選抜に必要があると思われるものについて出願者の判断で提出する。

■選抜方法と配点

面接50点、基礎学力確認のための口頭試問20点、志望理由書10点、学修計画書20点

特待生C方式

特待生C方式では、個別の入学試験は実施しない。
全ての入学者選抜形式で出願時に特待生C方式へのエントリーができる。エントリーし、合格した受験生を対象に授業料減免の付与を審査する。特待生C方式の採用基準は、以下の①②を満たす者とする。また、②への該当は令和3年度入学者選抜の合格後、令和3年3月31日までに下表資格・実績を証明する書類(※1)を添えて申請をした者も認める。
特待生C方式対象者として下表に示した金額を初年度授業料より減免する。
エントリーでは、出願時に該当する資格・実績を明記すること。また、合格後の審査を望む者も今後該当する資格・実績を明記すること。特待生A方式・B方式入学試験での合格者で特待生C方式のエントリーをした場合は、初年度授業料減免額の多い方式での減免額を採用とする。

特待生C方式採用基準

①入学者選抜での成績が全ての合格者のうち、上位1/2以内の者
②下表に示した資格・実績を過去3年以内に取得した者
区分と減免額 資格・実績
S特待
600,000円
英検CSEスコア1950・GTEC960(オフィシャルスコア)・TOEFL iBT 42/
基本情報技術者試験
高体連、高文連主催の全国大会での入賞、またはそれに準ずる実績
A特待
300,000円
日商簿記2級
B特待
200,000円
漢検準2級、英検準2級、数検準2級のうち2資格の取得者/ITパスポート/
農業技術検定2級/高体連、高文連主催の関東大会入賞・全国大会出場、
またはそれに準ずる実績
C特待
100,000円
家庭科技術検定食物調理2級、保育2級のいずれかの合格者/介護福祉士/
高体連、高文連主催の県大会の入賞レベル、またはそれに準ずる実績
  • (※1)「下表資格・実績を証明する書類」とは、合格書の写し等とする。また、部活動等の実績については、該当成績を収めた大会で登録メンバーであったことを証明する書類の写し等とする。尚、上記以外の資格実績等に準ずると思われるエントリーについては、別途審議する場合がある。
  • (※2)②の表に示した減免額は特待生C方式へのエントリー者数や大会規模、本学の奨学金予算に応じて異なる場合がある。

出願資格その他の注意事項

●学校教育法施行規則第150条の規定による受験希望者には、入学資格認定の書類審査を実施する。出願前に必ず入試課・アドミッションオフィスまで確認のこと。
●特待生入試A、B、C方式は、特待生として合格に至らなかった場合、「授業料減免なし」の合格を出す場合がある。

出願手続

●全ての入試区分で、専攻の第二志望を認める。
●出願書類は簡易書留で郵送、受付締切日までに必着とする。
●入学願書・受験票とも黒のボールペンで、漢字は楷書、数字は算用数字で記入する。氏名は戸籍通り正確に記入すること。消せるインクのペンは使用不可
●入学願書の貼付写真は、3ヵ月以内に撮影したもの(正面上半身、脱帽、4cm×3cm)とする。カラー写真・モノクロ写真の別は問わない。
●受験票返信用封筒は所定の速達料金分の切手を貼付、受験者の氏名、住所を記入すること。
●提出した出願書類および検定料は、原則返還しない。ただし、次の場合検定料を返還する場合がある。検定料に過払いがあった者。または、検定料振込後、出願書類を提出しなかった者が、振込後直近の出願締切日までに本学指定の用紙で返還請求手続きを行った場合。
●各出願書類等に記入される個人情報は、本学園の個人情報保護規程に基づいて取り扱い、入学試験に関する事務処理や、出願者に対する諸連絡以外の目的には使用しない。

受験上の注意

(1)入試区分、日程に関わらず午前9時までに試験会場へ入室すること。
(2)日程詳細は受験票裏面を確認のこと。
(3)やむを得ない理由で遅刻、欠席するときは本学入試課・アドミッションオフィスまで連絡することが望ましい。

合格発表

合格者に合格通知書を郵送する。電話での合否問い合わせには応じない。合否確認のための補助としてホームページへの掲載を実施する。万一ホームページの情報と合格者に郵送する合格通知書が異なる場合は、合格通知書を正しいものとする。合格通知書は発表日午前中に発送する。

入学手続

入学手続締切日までに誓約書(本学所定用紙)と納入金の銀行振込通知書を提出すること。手続締切日までに振込のない場合は、入学を辞退したものとみなす。

入学辞退

令和3年3月31日(水)までに本学指定の入学辞退届を添えて申し出ることにより、入学金以外を返金する。上記期限を過ぎての返金には応じない。入学辞退届は、本学ホームページよりダウンロードすること。

「入学辞退届」はこちら »

ページトップ