HOME > 入学案内 > 東日本大震災等大規模災害被災者特別入学制度のご案内

東日本大震災等大規模災害被災者特別入学制度のご案内

1.目的

 教育理念の「自分の人生を自ら考え自ら切り拓いていく智恵と力を育む場の提供とサポート」また、教育目標の「向上心を持つ人間の育成」・「問題に立ち向かう人間の育成」の精神に照らし、東日本大震災等大規模災害で被災し就学の機会を失おうとしている者に希望を与えるとともに、被災地域復興のリーダーとなる人材の育成を目的とする

2.募集定員

・こども学専攻 若干名(男・女)
・栄養専攻   若干名(男・女)

3.出願資格

(1)本学のアドミッションポリシーを理解し、本学で学ぶ意欲と情熱があり、本学を専願とする者
(2)東日本大震災や災害救助法、激甚災害法の適用となった被災地域において本人または家族が被災し、
   修学にあたり経済的に困難な者
(3)平成28年度に高等学校または中等教育学校を卒業した者、および平成29年度卒業見込みの者で、
   高等学校または中等教育学校後期課程の履修科目全体の評定平均が3.0以上であり、出身学校長から推薦された者
(4)保護者または家計支持者の所得が、明和学園短期大学授業料減免に関する規定の家計基準の条件を満たす者(下記参照)

家計基準

入学時授業料減免、2年次授業料減免、東日本大震災等大規模災害被災者特別入試制度3制度共通の基準です
家計支持者(父母、父母がいない場合は代わって家計を支えている人)の収入金額が採用の対象となります
給与所得の場合・・・源泉徴収票の支払金額(税込み)
給与所得以外の場合・・・確定申告書等の所得金額(税込み)
家計基準表

4.選考方法

書類審査(各入試区分の出願書類に基づく)、面接(簡単な口頭試問を含む)

5.入学試験日程

(1)出願期間  一期 平成29年10月30日 ~ 平成29年11月 2日
         二期 平成29年11月27日 ~ 平成29年12月 8日
(2)入学試験  一期 平成29年11月 5日 / 二期 平成29年12月16日
(3)合格発表  一期 平成29年11月10日 / 二期 平成29年12月22日
   (発送)  
(4)入学手続き 一期 平成29年11月30日まで / 二期 平成30年 1月31日まで
(5)検定料   免除する
 ※上記は一期、二期の入学試験の日程であるが、被災者特別入学制度の定員が充足されない場合は三期以降も募集を
  継続する。(三期以降の出願については、応募の状況をご確認下さい。)

6.出願書類

(1)入学願書及び受験票
・本学所定のもの(入学願書に写真1枚貼付)
(2)調査書
・出身学校が作成したもの
(3)志望理由書
・本学所定のもの
(4)推薦書
(5)願書返信用封筒
・本学所定の封筒に362円切手を貼付のこと
(6)被災を証明する書類
(7)所得を証明する書類
・家計を支えている主たる人の所得を証明する書類
 ※給与所得者は源泉徴収票の写し、給与所得者以外の者は確定申告書(第一表、第二表)(控)の写し

7.学費の免除について

入学金、学園維持費、2年間の設備整備費・授業料の合計1,790,000円を免除 ただし、実習にかかわる費用、課程費、福利厚生費、教科書代等の個人の所有や利益に帰するものは、個人負担となります
女子入寮希望者は、入寮費と2年間の寮費755,000円を免除します

8.出願上の注意

(1)推薦入試への振り替え合格について
   被災者特別入学制度での合格に至らなかったとき、公募推薦試験等の合格への振り替えを希望する場合は、
   願書の「推薦入試の種類」に○印を付すこと 希望の無い場合は、無印とすること
(2)受験票について
   検定料は免除となるが、受験票を発行するので必要事項を記入のうえ、「B 受験票」のみを提出すること

9.その他

被災者特別入学制度で合格し入学する者が、本学の女子寮へ入寮を希望する場合は入寮費と入学から卒業までの
2年間の月額の寮費を全額免除する
ただし、食費、光熱水費、通信費等は個人の負担とする

ページトップへ

明和学園短期大学

〒371-0034 群馬県前橋市昭和町3-7-27 TEL:027-231-8286 FAX:027-231-8062